汗をかく人の臭いには理由がある

汗をかきすぎると臭いに敏感になってしまうこともあるでしょう。まるで知識として汗をかくから臭いが発生すると感じている人も多いですが、決してそうではありません。臭いの原因は、もっと違うところにあることを知っておきましょう。

臭いの原因は皮膚にある雑菌が問題になっている

汗をかくから臭いが出るわけではありません。発生する場所にも種類がありますが、そのほとんどが無臭になっており、本来であれば臭いは発生しないものとなっています。しかしそれを感じることがあるのは、まぎれもなく雑菌が引き起こしていることが大半です。

かくとそれに雑菌が結び付くことによって臭いが発生します。汗をかくことを抑制することで臭いの発生を抑えることができると考える人が多いですが、雑菌の対処もしっかり行わないといけません。また誰にでも皮膚に雑菌があります。よって清潔にしていないと、発生する可能性も高くなりますが、必然的にそのような状況に晒されているのが人間です。

2つの汗腺によって臭いの発生も変わってくる

エクリン線とアポクリン線と2種類の発生する場所があります。特に臭いになるのがアポクリン腺になっており、その存在目的は臭いを発生することになっています。

エクリン線と比較すると臭いを持っていますが、ただそれだけで強烈な臭いを発生させるわけではありません。雑菌と結びつくことにより、強烈なわきがとして臭いを発生させることになります。

一方エクリン線は、無臭になっています。人間のなかで最も多く、かきやすい人はこのエクリン線が問題になっていることが多いです。ただ無臭になっていますが、ここに雑菌と結合すると繁殖しやすい環境になることで悪臭を放つことも。いわゆる汗くさいのが、このエクリン線です。

抑えるには汗?それとも雑菌?集中するのはどちら?

エクリン線とアポクリン腺によって出されますが、雑菌と結合することによって繁殖をしやすい環境となり、そこから悪臭を放つことがわかりましたよね?そこでどちらを優先的に抑制すれば良いのかが問題になります。

抑制するべき点は、雑菌になっています。

デオドラント製品によって汗をかくことを抑制することができたとしても、完璧にかかないと言うわけにはいきません。だからこそ雑菌を退治することが求められています。

決まってわきがや臭いを抑制する製品の多くに、殺菌成分が配合されています。臭いを抑制したいのであれば、デオドラント製品の成分に着目をしましょう。必ず殺菌が入っているものを求めてください。