二つの汗腺に注目することでわかる臭い対策

2つの場所から汗をかくことがわかっています。皮膚にあるエクリン線とアポクリン腺です。それぞれに発する目的が異なり、互いに違った問題を生むこともあります。かきやすい人にとって、知っておいた方が良い汗腺のお話があります。

それぞれに違った役割を持っている場所になる

エクリン線は主に体温機能を担当しています。アポクリン腺は臭いを発することが目的です。主に汗をかきやすい人は、エクリン線からが多く、この場所を対策しなければなりません。その対策を講じる前に、汗をかきやすくなる原因を突き止める必要があるでしょう。

大きくわけて3つあります。体温調節、精神性、そして味覚性となります。味覚性は食べ物に注意をすれば良いですが、体温調節と精神性はなかなか対策が難しくもあります。

デオグラント製品の使用、冷却グッズを使うことで体温調整と対峙することができます。精神性は自律神経を鍛えることによって対処ができることも。主にかきやすい人はエクリン線の対策を心掛けましょう。

汗をかきやすい人は臭いについても対策が必要?

かくことによって、見た目だけではなく、臭いも気になってしまうことも多いでしょう。

ただひとつ間違えてほしくないことは、汗をかくことによって臭いが生まれるわけではありません。確かにアポクリン腺はその傾向が高くなり、ワキガの原因となりますが、ただかくことによって強烈な臭いを発するわけではないことを知っておきましょう。

臭いのメカニズムは雑菌です。特にアポクリン腺から出されたものが雑菌と組み合わされると、強烈な臭いを発することになります。よって抑制することも大切ですが、雑菌を繁殖させない環境づくりも求められています。殺菌も一緒にできるデオグラント製品を使うようにしましょう。

汗には良いものと悪いものがあることを知っておこう

エクリン線から出されるものは体温調節になり、特に汗をかきやすい人はここから生じることが多いことがわかったはずです。またそのなかにも良いものと悪いものがあることを知っておきましょう。

悪いものはミネラルが含まれており、ベタベタしているのが特徴です。このような傾向が高い人は、老廃物が溜まっていることを示しています。

またそれだけではなく、ストレスや緊張といったときも、悪い汗をかくことがあります。人前に出たときにベタベタするようなケースであれば、その時は精神的な問題からかいていることがわかるはずです。

自分のかくタイプはどんなものであるのか?それを理解することも重要な判断となります。